オンライン英会話

OUTSCHOOLが最高すぎて、他のオンライン英会話には戻れなくなった件

こんにちは、トコです。

おうち英語を始めて様々なオンラインスクールを試してきた私ですが、今回、やっと出会えた最高のスクール、Outschoolについてレビューしていきたいと思います。

あまりにも良すぎて、もう他のオンライン英会話には戻れそうにありません!

トコが絶対おすすめするその理由をシェアします。

 

▼今すぐOutschoolに登録を申込む▼

Outschool公式サイト

上記リンクからアカウント登録すると、初めてのクラスに使える$20の割引クレジットが自動的にアカウント進呈されます。

(既に登録している人は、プロフィールのReferral Codeに、トコの紹介クーポンコード【gEL6VMPVを入力したら$20をゲットできます。

OUTSCHOOLとは?他と何が違うの?

アメリカのホームスクールが日本上陸!

講師は英語圏に住む、ネイティブの先生たち

クラスは、14万以上。

「好きなこと」を英語で学び「アウトプット」でき、世界中の100万人以上の子どもたちと一緒に受けることができる米国発のオンラインスクールです。

今まで日本ではあまり知られていなかったOutschool。

でもその質の良さと、レッスンの豊富さ、低価格などから徐々に日本でも浸透してきているようです。

基本サイトが英語なので、その辺をクリアさえすれば、かなりおすすめのオンラインスクールなので、他のスクールでしっくりこなかった人はぜひ試してみる価値ありです。

まずは我が家の息子たち2人が受講した様子と感想を動画を交えて紹介します。

Outschoolでメキメキとスピーキング力UPする長男

まず始めてみたのが、さまざまなオンラインスクールを試してきた5歳長男。6歳になったと同時に、GSAからOutschoolに変更

少しずつ私以外の人と英語でコミュニケーションを取ることにも慣れてはきましたが、話すのはポツポツ。

GSAでも先生の質問に積極的にポンポンと答えるところまではなかなかいかずに、モヤモヤしながら受講してきました。

お勉強感が強く、あまり楽しんでいなかったのが原因の一つと思われます…😓

Outschoolでは、まず得意のリーディングを使ってGSAでいうStory Time のようなレッスンがいいな、と思っていました。

そこで、Oxford Reading Tree (ORT)の絵本を読みながらスピーキングする、という「Book Club: English Reading club with Biff, Chip, Kipper and Friends」を選択。

まずは、事前に自分でできる簡単なレベルチェックをして、Level3でスタート。

長男は、普段はもっと長い文章を読めるようになっているのですが、レッスンでは「読み」の練習ではなく、「スピーキング力」をつけてほしい、「レッスンを楽しんでほしい」というのが私の中で大きかったので、本のレベルをだいぶ下げて試してみました。

これが正解。

そしてグループレッスンもどうかな〜と少し心配でしたが、グループレッスンといっても1人か2人。

長男の時間帯のレッスンでは、もう1人中国人と思われる同年代の男の子が一緒に受講しています。

その子は読む力はそんなに高くはないのですが、スピーキング力が高い!

先生の質問に答える時も、息子のように1文ではなく、2文、3文と長く話し続けられて発音もネイティブ並み。おそらくインターに通っているのではないか、と推測していますが、とても英語が堪能です。

トコ
トコ
息子、大丈夫かな?引け目を感じてやる気を無くしたりしないかな?

という私の心配をよそに、息子は俄然やる気が出るのか、「負けずに自分も早く答えよう!」「頑張って読めるところを披露しよう!」と最初のレッスンから積極的になっていたんです。

中国人のお友達の方が圧倒的に話す量は多いですが、わが息子も今までになく積極的に話そうとしているので、このレッスンを週1回継続受講しています。

先生はベテランのアメリカ人女性、Teacher Heather という先生で、話すスピードもナチュラル。

サバサバしていて、男っぽい口調。冗談をちょくちょく挟んでくれるのも息子は気に入っているようです。

長男は2ヶ月ほど続けて受講していた時の様子がこれ↓

先生がとてもいい感じで、息子も得意のリーディングなので、積極的になれるようです。

ただ途中から、もう1人の受講者があまりにも話し続けることが多くなり、息子はもともと遠慮しがちな性格なので、ちょっと話す量が少なくなることも。

他の時間帯や曜日に変えたりもできるのですが、せっかくこんなにいっぱいレッスンの種類があるので、他のレッスンも試してみよう、と思いました。

ずっと同じ感じだと息子も飽きてきてしまうので、ちょっと気分を変えて…。

1レッスンごとに毎週日曜に課金、という制度なので、いつでもサブスクリプションを停止して、そしていつでも再開できるのもいいところです。

次に試してみたのが、Rachel Hoffmanという先生の「ESL Vocabulary & Conversation Club」

対象が6-10歳で、内容も少し難しそうではあったのですが、試しに受講。

嫌だったら1回きりで、辞めたらいいので、気軽に試せます。しかも1回25分で¥1,100

これも韓国人と思われる男の子(10歳)と一緒に受講。

Rachel先生はかなり良かったです。

褒め方、進め方、授業のプラン、全てすごくいい感じでした。

でも息子に聞いてみたら、いつものレッスンの方がいい、とはっきり言ったので、やっぱりBook Clubの方で進めることに。

その後のBook Clubの授業では、レッスンの前に少し私が工夫を加えてみることにしました。

工夫といっても大したことではなく、夜の8時からのレッスンなので、その前にお風呂の中で、今日のレッスンで先生に何か話す?と問いかけをしてみること。

すると、息子はちょっと幼稚園での出来事や、週末の出来事を考えたりしてる様子。

その後のレッスンでは、いつも週末にあった”ある我が家の事件”を一生懸命先生に話していました。その時の様子が⤵️

週末に公園に行ったとき、池の飛び石で弟が誤って落ちそうになり、私が支えきれずに結局ボッチャン!頭から弟が落ちてずぶ濡れになった出来事を話しています😂

「公園」という説明が抜けていたり、ママが突き落とした的な説明になっていますが、先生はわかってくれたようですごく褒めてくれました!

積極的に長いお話ができたことが何より嬉しかったです。

その日のレッスンでは全体的に話そう、という意気込みが見られて、中国人の子に頑張ってついていく様子が見られました。

お子さんがちょっと話すのが苦手、控えめな性格の場合は、レッスン前にちょっと声掛けをすると全然レッスンでの様子が変わってくると思うので、ぜひ試してみてください。

オンラインを嫌がってきた4歳次男、Outschoolでオンラインデビュー?!

長男がTeacher Heather のBook Clubでメキメキと話す力をつけているので、次男もOutschoolでオンラインデビューさせたい!思うところなんですが、これまで数々のオンライン英会話の体験を受けてきましたが、途中で逃避。

じっと座ってくれたことがほとんどなく、いつも受講を断念してきました。

そして次男は英語の文字がまだ読めない💦

トコ
トコ
お兄ちゃんと同じようなレッスン受けてみない?

と聞いてみるも、

次男ゲッキー
次男ゲッキー
それは嫌だ〜!

とはっきり断られてしまったので、次男が楽しめて絵本読みにつながるいいレッスンはないかと色々検索。

有料で英語のレベルチェックを受けてみるも、恥ずかしがって、私に普段話してくれるようには先生の質問に答えてくれませんでした。

予想通り結果は、Pre-A。英語の初心者という診断を受けました。

でも単純な単語のリピートや「What’s your name?」「What color is this?」みたいなレッスンでは面白味がなく絶対に楽しんでくれない、とわかっていたので、

まず読む力をフォニックスから学んで絵本好きになってほしい!という思いから、「Let’s Practice Phonics! Beginner Reading Class!」を試しに受講。

1回目は、もう1人、中国人らしき男の子(息子と同じくらいの年)がもう1人受講していていましたが、2回目からは、更に2人のスペインの女の子とモロッコの男の子も受講。

中国人の男の子は寝転んだり、遊んだりとなかなか大変そうですが、ヨーロッパ勢はさすがにスピーキングが堪能。普段から英語で話している様子です。

その時の様子がこれ↓

先生は若いですがベテランで、とっても柔軟性があり、明るくて好感度GOOD👍

歌から入り、フォニックスを中心に授業が展開されます。

レッスンの最初は警戒してか、先生に聞かれてもほとんど答えませんでした。

でに私が横について少し励ましたりすると、だんだん先生の質問にポツポツ答えたり、リピートしたりしてくれました。

意外と途中から「Who wants to go first?」(誰か最初に言ってみる人は?)と聞かれたときは必ず手をあげる次男😏

この日は人数が多かったのもあるのか、通常30分のところ、40分もレッスンが続き、値段はたったの$11。

ネイティブの先生でこの値段はすごいですよね。

息子は途中でふざけたりもしますが、まずまずのスタートなので、少しこのレッスンで様子を見ながら、他のレッスンも試して行ってみたいと思っています。

※その後も引き続き、このフォニックスのレッスンを継続受講中。
中国人の子がふざけて寝転んだりだらける姿も面白いらしく、さらにヨーロッパ勢の堪能なスピーキング力が混ざっていい感じです。

OUTSCHOOLのメリット

コースの豊富さ、講師の質、英語力UPの効果の高さ、楽しさ、価格、サポート全てにおいて他のスクールと比較にならないほど優れています!

その良さは長男の1回目のレッスンですぐにわかりました。

我が家はこれまで長男に対して、リップルキッズパーク、ノヴァキッズ、ネイティブキャンプ、など色々受講してきたんです。

そして「インターが運営していて、値段が高いけど質の高い」と評判の「グローバルステップアカデミー(GSA)」も2022年夏〜約4ヶ月、長男は受けてきました。

それらのオンラインレッスンと比較しながら、Outschoolのメリットを詳しく説明していきます。

豊富なレッスン

まず1つ目に、Outschoolの公式ページを見て驚くのが、レッスンの量と種類の多さ。

第2言語者向けのESL、フォニックスはもちろん、アートや科学、地歴、音楽、ダンス、STEAM、スペイン語、中国語まで様々なレッスンが提供されています。

英子さん
英子さん
それなら他にも似たようなオンラインスクールがあるよ

と思いますよね。

息子が利用してきたGSAも英語「で」多教科が学べる、というのが売りの一つですが、Mathのコースは1つ、Engeneeringコースは1つ、Programmingが1つ、と各教科は1種類しかありません。

季節ごとにいろんなレッスンを展開はしていますが、Outschoolはそれとは比にならないくらいの種類と数。

「ESL」1つとっても、「Art」1つとっても、何百種類、何百人もの先生が色んなレッスンを提供いるんです。例えば…

ESL(第二言語者向け授業)➡️ 「ESL Conversation, Games, and Fun」「Book Club: National Geographic 」「Fun With Phonics」「LEGO Builders Club」「Let’s Learn English and Make Friends:ESL」「ESL Reading Word Families」「Storytime and Craft」「Elementary Writing」「Sight Words Singalong」「Show and Tell Story Time」…etc.

ART(アート)➡️「Drawing & Painting Club」「Pokemon art Club」「Drawing Cute Animals」「Story Time Art Club」「The Ultimate Disney Princess Drawing Club」「Art of Mammals」「Drawing Super Mario Bros」「Seasonal Story Time & Crafts」…etc.

実際は書ききれない程、もっとたくさん!

多すぎてどれがいいのか本当に迷ってしまうほどなんです。

しかもそれぞれがとっても楽しそうで、魅力的。

「The Ultimate Disney Princess Drawing Club」なんて女の子はすごい食いつきそうですよね。

どれも楽しそうなレッスンばかりで、私が受けたくなります😊

先生の質が高くて熱意がある

次に、オンラインレッスンで必ず確保したい、先生の質。

これも今まで試したスクールの中で1番と言えます。

そして全員ネイティブの先生

TESOLなどの資格を持った先生がほとんどで、教え方の技術も高ければ、熱意もすごい。

長男が受けている、「Book Club」の先生方は、絵本が大好きな先生が集まっていて、どの先生の紹介動画を見ても、「あ〜、すごい読書好き、子ども好きの集まりだな」と感じます。

また、ARTやMUSICを取り入れたESLのレッスンを展開している先生は、大学で芸術の専門学科で学でいたり、幼児教育の専門学科を卒業した人などが多い印象です。

なので、ただただネイティブ、というだけではなく、教える技術、楽しませる技術が高いんです。

一方で、4ヶ月ほど長男が続けてきたGSAは、高くても質が良くて子どもの英語力が断然上がるなら頑張ってみよう、と思っていたのですが…

2022年4月から担任制に変更されてから入会したので、先生を自分で選べません。

そして与えられた先生は、ことごとくネイティブではありませんでした

ELA-Standard、ELA-Advanced、Math、Story time、Speaking Bootcampと色々なコースを試しましたが、全員非ネイティブの先生。

非ネイティブでも質が高いというのはわかりますが、やはりネイティブが話す英語の量や話す単語や表現力の豊富さ、自然さには劣るのを感じてきました。

サポートデスクに何度も頼み込み、やっとネイティブの先生にしてもらうのに苦労しました。(人気が出て、ネイティブの先生が不足しているのかもしれません。)

とても優しくていい先生でしたが、話し方がゆっくりで、息子は少し物足りなさを感じていましたが…

そしてもう一つは、お勉強感が多く、息子の英語力は伸びてはいるものの、なかなか息子は「楽しい!」とは感じていない様子

トコ
トコ
英語に関しては、お勉強ではなく、「楽しく学んでほしい!」というのが私のもう一つの信念なので、ここも少し引っかかるところでした。

その点、Outschoolは、「楽しい」ということをかなり意識して授業展開されており、更に子どもの発言は、めちゃくちゃ褒めてくれる

このホメホメ作戦?が子どもたちにはかなり効果的

そしてお勉強的な宿題は特にありません

あるとすれば、「最後まで描き終わらなかった絵を、授業の後に書き終えてアップロードしてシェアしてね」とか、「授業で出てきた”oa”が入る単語を、後で他にも思いついたらメールで教えてね」というもの。

例えば、こんな感じ⤵️

レッスンで途中まあで読んだ絵本の最後のオチを予想して、絵に描いて、その後残りの絵本を読み答え合わせをしてね、というもの。

そしてアップロードした写真やコメントに、先生は即座に感想やコメントを返してくれます。5分や10分で返信してくれることがほとんど。

「お勉強感がない」というのはかなり私的にはメリットが高いです。

ライティングの練習は家でもできますし、そもそもまだ英語でそこまで書きの練習をさせて英語嫌いにならせたくないので、我が家はこれがいい感じなんです。

メールやチャットでのサポートが充実

アメリカ発のOutschoolですが、メールやチャットのサポートがすごく充実しています。

電話対応は基本ありませんが、その点、Messengerの機能があり、何かレッスンのことやスクールのこと、クーポンや課金システムのことなど、何でもチャットやメールで相談できます。

私もクーポンがうまく付与できていなかったり、サブスクリプションを一旦中止したいとか、欠席したいけどどうしたらいいのか、などなど、さまざまな質問をメールやチャットで行ってきました。

チャットに関しては、1分、2分ですぐに誰かしらサポートメンバーが対応してくれます。すごく丁寧でわかりやすい。

更に、自分の子どもにどんなレッスンが合っているのか、どんなレベルがいいのか、なども相談すると、メールで詳しく教えてくれて、いくつかレッスンを提案してくれます。

そして、まだ数ヶ月しか受講していませんが、ちょくちょくお得なクーポンを発行してくれるのも嬉しい点。

入会時に紹介クーポン20ドルを受け取れるだけでなく、今週末までキャンペーンで15ドルキャッシュバック、とか、特別クーポン発行、とか結構メールで知らせてくれます。

そして一度、クーポンを使って次男の初めてのレッスンを予約していたのですが、風邪を引いてしまってキャンセル。そしてクーポンは失効。

でもそのことをMessengerで相談してみたら、クーポンを新たに発行してくれましたよ。

すごいう親切で、柔軟な対応に感謝です💗

ネイティブなのに値段が安い

これだけ質が高くてサポートも充実、と良いとこづくしのOutschool。

そして全員がネイティブの先生なのに、値段がお手頃なんです!

約25分1レッスンが8ドル〜受けられるとは、驚きですよね。

長男と次男がが受けているのは、それぞれ1回$11(米ドルなので為替に影響を受けますが、2023年円安の状況でも、1レッスン1,400~1,600円程度)。

単発コースもたくさんありますが、息子が受けているのは週1回コースで、毎月6,000〜7,000円程度。

もう一つ受けてみたESLのコースは、$8なので、これにすると1回約1,000円で、毎月4,000前後と、さらに安くなります。

トコ
トコ
これなら、兄弟2人が週1回受講しても、1万円/月ちょっとに抑えられるので、なんとかがんばれそうなんです。

GSAは確かに英語「を」学ぶだけでなく、英語「で」多教科も学べて、先生の質が高い、というのは肌で感じてきてました。

でも…やっぱり高い。

そもそも週2回からのコースしかなく、25分×2回/週で17,300円。

兄弟割引もないので、もし次男も始めると、最低34,600円/月。(※1人週2回受講x2人の合計)

トコ
トコ
おうち英語は高額教材は正規では使わず、低価格で進めてきたトコママとしては、かなり理念に反します😅

全員ネイティブを売りにしている、Cambly Kidsも週1回で10,190/月。兄弟割引無し。兄弟2人受講すると、月2万円を超えてきます。

それに比べると、ネイティブの先生の授業が受けられるOutschoolはかなり良心的と言えると思います。

そしてGSAとOutschool、両方受講してきた私の感想では、先生やレッスンの質はOutschoolの方が優れています!

OUTSCHOOLのデメリット

私の息子たちが何ヶ月か受講して感じた、Outschoolのデメリットをいくつか以下に上げていきます。

多くないですが、あえて挙げるとすれば、以下の2点。

サイトがほぼ英語対応のみ

まず最初にあげられるのが、サイトが英語なので、親が英語をある程度できないとハードルが高い、ということ。

日本語サイトもあるのはありますが、実際に登録したり、クラスを探したりしようとすると、英語サイトに飛びます。

一度登録し、やり方に慣れてしまえばいいのですが、先生とのやりとりや、コメント、サポートデスクとのやりとりも英語なので、親が英語をある程度読めたり、書いたりできる方がより良いサービスが受けられる、と思います。

この点に関しては、私、トコはカナダの大学出身で高校教員をしているので、もしこのサイトから、「Outschoolをやってみよう、でも英語が苦手…」というママがいれば、サポートさせてもらえることがたくさんあると思います。

何か質問やお困りのことがあれば、気軽にメールください。

⇨トコへの問い合わせはこちら

レッスンの時間帯が日本時間と合わないことがある

3つ目はアメリカ人やカナダ人、イギリス人講師が多い為、希望のレッスンが日本時間と合わないことがある、ということ。

この曜日の4:00がいい!と思っても、日本では夜中4:00だった、ていうこともあります。

でもほとんどのクラスが週にほぼ毎日、そして1日に何回もレッスンの時間帯が用意されていることの方が多いです。

それだけたくさんの先生が在籍しているし、そこまで「どうしてもこの先生でないとダメ!」というのがなければ問題にならないと思います。

アメリカこ子どもたちを対象にしたオンラインスクールですから、他のスクールのように、ネイティブの先生不足、なんてことは絶対ないです。

また、今まで試してきたオンラインスクールのように、「ハズレ」と思う先生にOutschoolでは当たったことがないのでわかりませんが、むしろ色んなネイティブの先生がいて面白い、という印象です。

希望の曜日や時間がないと、以下のようなフォームに個人的に先生にメールして設定をお願いすることもできますよ。

Outschoolに合う人、合わない人

私の息子たちが数ヶ月継続受講してきた中で、私が感じたOutschoolに合う人、合わない人をまとめてみました。

《Outschoolに合う人》

  • ネイティブ先生のレッスンを毎回受けたい
  • 第二言語学習者むけのESLだけじゃなく、英語でアートや音楽などの他教科も学びたい
  • 勉強っぽくなく、楽しく英語の4技能を伸ばしたい
  • 世界中の同年代の子たちとのグループレッスンを受けてみたい
    (1対1のプライベートレッスンも価格は上がりますがたくさんあります)
  • 絵本を読みながら英語を学びたい(Book Clubがおすすめ)
  • 年齢が低くてもフォニックスを楽しく学びたい
  • 英語でもいいからしっかりしたサポートが受けられる方がいい
  • 兄弟がいるので価格をできるだけ抑えたい

《Outschoolに合わない人》

  • 日本語のサポートがないと不安だ
  • 日本人向けのオンラインスクールを探している
  • ネイティブの先生でなくてもいい

私は安いし、子どもにもいい影響があるグループレッスンを受けていますが、個人レッスンもたくさんあります。

また、3歳4歳の小さなお子さんでも1から楽しく受けられるレッスンもたくさんあるので、どんなレベルの子でも一度試してみる価値はあると思います!

紹介コードで登録して$20をGET!

トコママお勧めのOutschoolに興味を持たれた方は、以下のサイトからOutschoolの公式サイトに行き、登録をしてみてください。

登録申し込み➡︎$20クーポン入手方法

Outschoolではお友達キャンペーンを行っていて、以下のリンクから登録を開始するだけで、$20がアカウントに入る仕組みになっています。

これは始めてのレッスンで、使えるクーポンですので、ぜひ無料でトコママおすすめのレッスンを一度受けてみてください。

▼今すぐOutschoolに登録を申込む▼

Outschool公式サイト

↑このリンクを踏んで、下のこのような画面が出てきたらOK。

あとはSign Up & Claimから登録してください。

もし別のリンクから公式サイトに入ってしまった方は、クーポンコード【gEL6VMPVを入力していただければ同様に$20をGETすることができます。

また、もう登録が済んでいる方は、プロフィール設定(Profile & Setting)のところから、Referral Codeという欄があるので、gEL6VMPVのコードを入力してください。(必ず始めてのクラス予約前にしてくださいね。)

試してみたいけど、うちの子に合うかわからない、ついていけるかな?と不安になっている方、20クーポンで気楽にまずは体験してみるのをおすすめします。

私もある先輩ママのおうち英語ブログからOutschoolのことを知り、紹介クーポンを使って登録…、、したつもりだったのですが、上手くリンクから登録できておらず、登録後にサービスセンターにメッセージで聞いたらすぐに対応してくれましたよ。

もし登録の仕方がわからない、クーポンの付与方法がわからない、という方があれば、なんでも相談ください。

⇨トコへの問い合わせはこちら

また、以下のOutschool公式ブログで、アカウント登録の仕方が詳しく載ってあります。参考にしてみてください。

まとめ

Outschoolは私が今ままで試してきたオンライン英会話スクールの中で断トツおすすめです!

価格の安いところ、ネイティブ、非ネイティブ、など本当に色んなスクールを試してきてはイマイチ効果が出ず、しかも子どもが楽しくなさそうだったんです。

長男は真面目で素直なので、あんまり楽しくなくてもなんとか続けてくれたんですが、次男は嫌なものは嫌、とはっきりしていてじっとしていないので、Outschool以外のオンラインは無理でした。

でもとにかくOutschoolはネイティブの先生の質がよくて楽しい!

そして1つのレッスンにメリハリがあって、飽きないんです。

長男は、Outschoolでスピーキングをかなり鍛えられていると感じています。

次男は何よりオンラインレッスンにやっとデビューできたのが何よりの成果。

Book ClubやPhonics以外のレッスンもたまに試してみて今後シェアして行きたいと思います。

やってみたいけど日本語対応がないと不安だ、という方は、お勧めレッスンやOutschoolの登録の仕方、使い方をお教えしますので、気楽にメールしてください。

 

▼今すぐOutschoolに登録を申込む▼

Outschool公式サイト

上記リンクからアカウント登録すると、始めてのクラスに使える$20の割引クレジットが自動的にアカウント進呈されます。

(既に登録している人は、プロフィールのReferral Codeに、トコの紹介クーポンコード【gEL6VMPVを入力したら$20をゲットできます。

失敗から急成長したおうち英語、トコのメルマガで限定公開!

始めは失敗続きだった私のおうち英語。

でもその失敗があっがからこそ、正しいマインドとやり方を身につけてから、この1年間で子どもの英語力は急成長。

その中で1番効果的だと感じてきたのが、「ママの絵本読み聞かせ」と「ママの英語での語りかけ」。

この2つは、英語が得意なママでないと、なかなかハードルが高いと思いがち。

でも英語が苦手で日本語英語の発音のママであっても諦めないでください。

大事なのは「ママ」が絵本を読み、「ママ」が語りかけることに最大の意義があるんです。

なぜなら、子どもは基本的にママが大好きで、ママの言葉、仕草、行動、全てに大きく影響を受けるから。

ただし、

・親が持つべきマインドとアプローチの仕方
・絵本、動画、かけ流し、語りかけの取り入れ方

これにはコツがあります。

親が正しい知識を持ち、一つ一つ効率的に行えば必ずあなたのお子さんも英語を自由に使えるようになります。

おうち英語だからこそ、ママだからこそ、幼少期の英語習得は上手くいく

そう確信しています。

そこで私自身の失敗談や成功体験全てを詰めて、息子たちが自由に英語を使えるようになった方法をメルマガで公開することにしました。

ちなみに、高校教師として経験してきた中で考える学校教育の話や、様々なおうち英語業界の裏の話までしているメルマガとなっています。

子どもの英語教育の表も裏も知ることで、よりクリアな視点でおうち英語を捉え、納得した上で実践してもらえるはずです。

私でしか知らない情報が詰まっているので、登録後は一字一句逃さずにしっかり学んでくださいね。

※携帯やiCloudは到達しません。Gmail/ヤフー/プロバイダーメールをご使用ください。

トコ公式無料メルマガ
→トコのメールマガジンを読んでみる
                     

メールアドレス入力するのみです。

お子さんと共に成長できるバイリンガルへの道へ、是非一歩踏み出してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。